「赤穂の天塩」のこだわり

「赤穂の天塩」の原料

安全で良質な海の「天日塩」を使用

オーストラリア・シャークベイ

より安全でおいしい塩を届けるために、「赤穂の天塩」は塩の原料である海水にもこだわっています。昔ながらの塩づくり製法である塩田製法は、もはや日本近海で行うことが困難であるため、私たちは早くから世界各国に目を向け、より安全で良質な海を探していました。そこで辿りついたのが、世界自然遺産にも登録されている、オーストラリア・シャークベイの、清浄さと豊穣さを兼ね備えた海水だったのです。「赤穂の天塩」は、このシャークベイの海水を使用している塩田でつくられた、天日塩(てんぴえん)を原料としています。

シャークベイは、西オーストラリア州で初めて世界自然遺産に指定された美しい海洋です。清浄な海にしか存在しない古代生物ストロマトライトが群生し、多数のジュゴンやイルカが生息している地域として有名です。そこで太陽と風の力を活用して採取する天日塩は、原料としては素晴らしい質をもっています。

赤穂の天塩では、このきれいなオーストラリア・シャークベイの海水から得られる「塩田産天日塩」を輸入し、日本国内の工場で同じくオーストラリア・シャークベイから輸入した「にがり」を含ませた"あら塩"を再現しています。

シャークベイ塩田は、オーストラリア大陸の最西端に位置するシャーク湾内にあり、西オーストラリア州で初めて世界自然遺産に指定され、古代生物・ストロマトライトの群生地が存在し、多数のジュゴンやイルカなどが生息している地域。山手線内側とほぼ同じ面積の広大な塩田では、太陽や風力などの自然エネルギーを有効に活用して、海洋自然保護区内の海水を濃縮させ、天日塩とにがりを採取している。