「赤穂の天塩」のこだわり

「赤穂の天塩」の歴史

赤穂の伝統的な塩づくりの継承

天塩は、塩づくりの歴史的中心地・赤穂で独自の技術である「洗浄粉砕」と「溶解再結晶」の2工程併用を生かし「にがりを含んだあら塩」を再現しています。

江戸時代から、播州赤穂の東浜塩田(ひがしはまえんでん)では「差塩(さしじお)」という"にがり"を多く含ませた塩づくりの手法(差塩製法)を秘伝としており、当時から「赤穂の塩」として全国に名を馳せていました。天塩は、この赤穂の「にがりを含んだ塩」づくりを基本姿勢とし、日本食文化が築いてきた伝統の味わいを守り続けています。

※差塩製法・・・濃い海水を煮詰めて塩を取り出す過程で、あえて"にがり"を含ませる(差す)製法。

伝統の塩づくり「塩田」の廃止と自然塩運動

昭和40年頃 赤穂東浜塩田の風景

赤穂東浜塩業組合昭和46年、高度成長のまっただ中、政府は「塩業近代化臨時措置法」を国会に提出し、長い歴史をもつ瀬戸内海などでみられた「塩田による製塩法」を廃止し「イオン交換樹脂膜製塩法」による工場大量生産方式を世界で初めて採用実施する方針を明らかにしました。土地と労力を要する塩田を廃止し、効率のみが追求された、高純度の塩化ナトリウム(NaCl)の"サラサラとした白い塩"がつくられました。現存する旧専売公社の「食塩」がそれです。

元禄の塩づくり風景

我が国の塩田でつくられた塩は平安時代より約1200年の歴史を有し、日本の食文化の根源となるものといっても過言ではありません。さらに、海水に含まれている数々の微量元素(にがり)は生体にとって、極めて重要な役割をしています。

そこで「塩は単に塩化ナトリウムだけでなく、海水に含まれているマグネシウムやカルシウム、カリウムなど、様々なにがり成分を含んだものをもって本来の塩とする」考えで自然塩運動グループが立ち上がりました。運動グループは、5万人の署名を集め、政府に請願書を提出しました。その後、その本来の塩は、昭和48年6月「特殊用塩」として認可を受けることができました。

そして、「失われたにがり成分を含んだ昔ながらの塩」を再現するために、忠臣蔵で名高い、古くから塩の産地として知られる兵庫県赤穂市の赤穂化成(株)と共同開発を始めました。赤穂化成(株)の前身は、江戸時代から塩をつくっていた赤穂東浜塩業組合です。

本当の味を求め、健康を願う人たちに天然の恵みを届けるべく、海水中に存在するにがり成分を内包し、我が国の伝統的製塩技術をバックにしてつくられた塩は、失われたものを再び海から取り戻す努力の結晶でした。そうして生まれたのが「赤穂の天塩」です。

塩とにがりのパイオニア「赤穂の天塩」の誕生!

株式会社 天塩は、「にがり成分(主成分 マグネシウム)」を大切にした塩こそ本来の塩」という考えのもとで、「塩田産の塩」を販売しています。

株式会社天塩は、昭和46年に日本の塩田が全面廃止となったのを機に、昔ながらの自然製法の塩を残そうと立ち上がった自然塩運動グループがその前身です。当時は、学識者、消費者グループ、ジャーナリストらが熱心に運動を展開し、その結果、一部において自主流通が認められました。

そうした過程を経て創立されたのが株式会社天塩なのです。したがって、天塩は「塩とにがりのパイオニア」といっても過言ではありません。